会則

総則・名称

第1条 本会は日本栄養材形状機能研究会(Japanese society for functionalstructure of nutrient;JSFSN)と称する。

目的

第2条 本会は栄養補給に用いられるあらゆる栄養材の形状とその機能について医学、薬学、栄養学など関連する学問領域を通じて研究し、その成果をもってそれを必要とする人々の健康増進や維持を図ること、および研究結果を公表することでその意義を広く伝えることを目的とする。

事業

第3条 本会は第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
  • (1)臨床および基礎研究の推進
  • (2)年1回以上の学術集会の開催
  • (3)国内関係学会との交流並びに国際交流
  • (4)その他本会の発展に必要な事業

構成・会員

第4条
  1. 本会の会員は本会の趣旨に賛同する医療・介護従事者、研究者並びにその他の者をもって構成する。
  2. 本会に入会を希望する者は会費の納入と併せ、申込用紙に必要事項を記入し、研究会事務局に届け出るものとする。以上の手続を行い、世話人・幹事会の承認を得たものを会員とする。
  3. 退会を希望する会員は、書面による申し出により退会となる。退会日は事務局にて書面を受理した日とする。会員死亡の場合は自然退会とする。会員が本会の名誉を害する行為をした場合、世話人・幹事会の議を経て、当該会員を強制退会とする。
  4. 本会の研究組織として作業部会を設置する。その規則は別に定める。

役員

第5条 本会は次の役員をおく。
代表世話人 1名
世話人の内より1名選出され、本会を代表する
世話人 10名~20名
本会の企画運営を行う
幹事 20名~40名
本会の運営の実務にあたる。
監事 2名
会員から選出され、本会の業務監査ならびに会計監査を行う。
会長や世話人との兼務はできない。
当番世話人(学術集会会長)
世話人の中より順次選出され、担当する年の研究会/学術集会を開催し、その実務運営にあたる。
名誉役員
学術集会を開催した世話人、またはそれと同等の功績があった役員から、世話人・幹事会で推戴される。

運営

第6条
  1. 役員は会員より選出され、世話人・幹事会で審議・決定される。
  2. 役員の脱会は世話人・幹事会で決定する。
  3. 世話人、幹事は世話人・幹事会を組織し、意思決定機関として会務を処理する。
  4. 幹事は第3条の事業の実施にあたり、必要に応じて各々のテーマの作業部会に於いて、研究を遂行する。
  5. 世話人は幹事の行う作業部会に対し助言並びに指導を行う。
  6. 代表世話人は世話人、幹事の互選によって選出される。
  7. 代表世話人はこの会を代表して会議を統括し、必要な会議を招集する。

会議

第7条 本会は運営および事業を円滑に行うために以下の会議を行う。
世話人・幹事会
世話人・監事・幹事で構成され、本会の運営に関する事項を議決する。議長は代表世話人が行う。会議は委任状による意思表示者を含めて世話人・幹事の2分の1以上の出席を以て成立し、その過半数を以て議決される。
作業部会
本会運営のために必要な作業部会を設置する。その規則は別に定める。

会計・会費

第8条
  1. 本会の経費は会費、学術集会参加費、その他の収入をもってこれにあてる。予算および会計報告は世話人・幹事会の承認を受ける。
  2. 本会会員の年会費は役員4,000円、その他個人会員2,000円、賛助会員1口50,000円とする。
  3. 会費の変更は世話人・幹事会の議決を経て行う。

会計監査

第9条 本会の収入決算および事業報告は毎会計年度終了後に作成の上、監事の監査を経て世話人・幹事会に報告されなければならない。

所在地・事務局・連絡先

第10条
  1. 事務局は会員名簿の整理、会費の管理、世話人・幹事会における決議事項の会員への伝達等、研究会の運営に必要な諸事務をおこなう。
  2. 本会の所在地、事務局は下記に置く。
    藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座内
    事務局責任者 東口 髙志
    住所 〒514-1295 三重県津市大鳥町424-1
    電話 059-252-1555

定めのない事項

第11条 会則の変更は世話人・幹事会の議決を経て行う。

設立年月日

第12条 本会の設立年月日は、平成26年4月1日とする。

付則

  • (1)役員の任期は4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。ただし、再任は妨げない。
  • (2)本会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
  • (3)本会則は平成26年4月1日から施行する。

ページの先頭へ